ここから本文です

『探偵はBARにいる3』にリリー・フランキー&前田敦子出演

6/23(金) 14:59配信

オリコン

 俳優の大泉洋演じる探偵と、松田龍平扮する相棒・高田のコンビの活躍を描いた映画『探偵はBARにいる3』(12月1日公開)のキャストが23日、発表された。探偵の前に立ちはだかるシリーズ史上最狂の敵をリリー・フランキー、売春組織に所属する失踪した女子大生を前田敦子が演じる。

【写真】同作に出演する大泉洋&松田龍平&北川景子

 同映画は、札幌・ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描くシリーズ第3弾。今回の依頼は、探偵(大泉)の相棒・高田(松田)が持ち込んだ人探し。失踪した女子大生について調べていくうちに、探偵たちはモデル事務所の美人オーナー・マリ(北川景子)に出会う。謎に包まれたマリに翻弄され、次第に探偵たちは大きな事件に巻き込まれていく。事件の裏に隠された、マリの悲しい真相とは? そして近づいている探偵と高田の別れとは。

 リリーが演じるのは、慈善活動に積極的で、札幌経済界のホープ・北城グループの社長・北城。裏の顔は札幌で一番下品なヤクザ・花岡組と関わりがある、恐喝、売春、密貿易までなんでもやる裏社会の住人で、目的を達成するためなら容赦をしない、異常なまでにサディスティック。自分の仕事の邪魔をしたものは、限界までいたぶり、制裁するような異常さで、今回探偵たちを追い詰めていく。

 前田が演じるのは、探偵のもとに舞い込んできた人探しの依頼の対象人物・麗子。彼女の失踪をきっかけに探偵たちは、とんでもない事件に巻き込まれていく。

 リリーは「実は『探偵はBARにいる2』の時、公式フォトブックのカメラマンをやらないかというお話をいただいたのですが、そのときはスケジュールが合わずできなかったんです。だからなおさら今回呼んでいただけてよかったです」とコメント。「北川さんの髪をつかむシーンがあったのですが、そこはさすがに全力ではいけないので、かわりに大泉さんへのビンタはガチンコで当てることに決めて撮影に挑みました」と振り返った。

 シリーズのファンだったという前田は「現場がとても楽しみでした。撮影中も生の探偵と高田が目の前にいるので、初めて感じるような楽しさでした。お仕事ですけど自分へのご褒美のようでした」と大喜び。共演経験のある大泉からは「『また共演できたらいいね』と以前言っていただいていたのですが、今回この作品への参加が決まり、『夢がかなったね』と言っていただけました!」と話している。

最終更新:6/23(金) 14:59
オリコン