ここから本文です

現役女子高生ボーカル&ダンスグループ・J☆Dee’Z、新曲MVで「制服」「生歌」「ダンスバトル」を披露

6/23(金) 19:21配信

デビュー

 現役女子高校生ボーカル&ダンスグループのJ☆Dee’Z(ジェイディーズ)が、7月19日に発売する新曲『Melody』のミュージックビデオ(MV)を公開。合わせてファッション雑誌『NYLON JAPAN』が手掛けた新ビジュアルも公開された。

【写真】J☆Dee’Zのミュージックビデオ。新曲のビジュアル。

 2010年にキッズダンスグループとして結成され、2012年にLOTTE×ソニーミュージック主催のオーディションで約8000組の中からグランプリを受賞し、2014年にメジャーデビューを果たしたJ☆Dee’Z。

 現在平均年齢16歳だが、活動歴は今年で8年目。幼い頃から培った抜群のダンスパフォーマンスに、鍛えあげられた力強い生歌とハーモニーが武器。さらに、ダンスでリズムを奏でる「ボディーパーカッションダンス」という新しいムーブメントを発信している。

 新曲『Melody』のミュージックビデオでは、新たに二つのことに挑戦している。その一つは“生歌”への挑戦。メンバー最年少・15歳のNonoがピアノを弾き、3人でハモリながら歌う生歌のシーンが盛り込まれている。ライブでも生歌勝負の彼女たちの武器を、存分に聴かせるシーンは必見だ。そして二つ目は“フリースタイルダンスバトル”への挑戦。「一回限り」という緊張感が漂う撮影で、即興のダンスパフォーマンスを繰り広げている。

 『Melody』という楽曲についてメンバーのNonoは「日々色んな自分の感情に寄り添ってくれる音楽。曲を聴いて、その時の気持ちだったり、ある人を思い出したり…そんなパワーが音楽にはあると思う。この曲が何かを思い出すきっかけになったら嬉しいです!」とアピールする。

 今回、現役女子高校生らしい制服姿も披露。キッズダンサーとしてのデビューから、本格派グループへと確実に成長を続ける彼女たちの今が感じられるミュージックビデオだ。

最終更新:6/23(金) 19:21
デビュー