ここから本文です

麻央さんの最期、海老蔵「愛してると言われた」…報道陣400人詰めかける

6/23(金) 15:09配信

弁護士ドットコム

乳がんを患って闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が亡くなったことを受けて、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが6月23日、東京都内で記者会見を開き、麻央さんの最期を看取ったことを明らかにした。

海老蔵さんはこの日のブログで、「人生で一番泣いた日です」と投稿。その後、マスメディアが「麻央さん死去」の報道を一斉にはじめたことから、急きょ記者会見を開くことになったという。

記者会見場となったBunkamuraシアター・コクーンでは、海老蔵さんが舞台出演中。公演終了後の会見には、カメラマン、芸能レポーター、新聞記者など報道陣約400人が詰めかけた。入場の混乱のために、定刻から遅れてはじまった。

海老蔵さんは上下黒のスーツ、ネクタイ姿で会見に臨んだ。ときおり涙を目に浮かべてハンカチでぬぐい、声をつまらせた。海老蔵さんによると、22日の公演終了後に稽古をしていたところ、麻央さんの母親から連絡があった。息をひきとる瞬間に間に合って、麻央さんから「愛してる」と言われたという。

麻央さんと海老蔵さんは2009年6月から交際をスタートし、翌2010年3月に結婚した。2014年10月に人間ドックで進行性の「乳がん」が見つかった。海老蔵さんは2016年6月、記者会見を開いて、麻央さんが乳がんを患っていることを公表。麻央さんは闘病を続けていた。

弁護士ドットコムニュース編集部