ここから本文です

雨の季節、飴いかが 小湊鉄道、里山トロッコ利用客にプレゼント

6/23(金) 10:20配信

千葉日報オンライン

 梅雨ならではの里山の旅を楽しんでもらおうと、小湊鉄道(千葉県市原市、石川晋平社長)は、7月9日までの土日に運行する里山トロッコ列車の利用客に対し、サクマ製菓とコラボレーションした缶入りキャンディーとオリジナルはがきをプレゼントしている。

 ガラス張りの天井に側面が吹き抜けの客車を備える里山トロッコ列車。その特性上、雨は“大敵”だが、小湊鉄道はアジサイの名所が多い沿線に「梅雨の時期だからこそ来てほしい」。そこで「雨」と「飴(あめ)」を掛け、感謝の意味も込めて特典配布を始めた。

 24、25日と7月1、2、8、9日の午前9時~午後5時の間、同市の養老渓谷駅で整理券1枚当たり1セットをプレゼントする。限定3千セットで、なくなり次第終了。乗車は事前予約制。問い合わせは同社(電話)0436(21)6771。