ここから本文です

リッツ・カールトンがクルーズ業界への参入を発表、2019年に豪華客船の就航開始

6/23(金) 14:22配信

Fashionsnap.com

 ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーが、ホテルを運営する企業として初めてクルーズ業界へ参入し、新規事業「ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション」を展開することを発表した。第1弾の就航は2019年を予定しており、2018年5月に予約を開始する。

ザ・リッツ・カールトン大阪では「フランク ミュラー」のアフタヌーンティーを提供

 「ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション」は、海上サービスのエキスパートであるダグラス・プロセロ氏やラース・クレイセン氏、米国の大手投資会社オークツリー・キャピタル・マネジメント, L.P.のファンドと共に立ち上げ、長期間のオペレーション契約のもと、ラグジュアリーで上質なサービスを海の上でも提供する。全長190メートルの特別仕様のクルーズ船には、最大298人の乗客の受け入れが可能。船内には149室のバルコニー付きスイートと、クルーズ船デザインに定評のあるティルバーグデザインオブスウェーデンと共にデザインした138平方メートルの2階建てペントハウススイートを設ける。

 航海スケジュールは、リッツ・カールトンのラグジュアリーリゾートでの滞在と、カジュアルで自由なヨット旅行を組み合わせ、シーズンごとに地中海、北欧、カリブ海、ラテンアメリカの町に寄港する7日間から10日間の日程となる。船内では、ザ・リッツ・カールトンウォルフスブルクの3つ星レストラン「アクア」のスヴェン・エルバーフェルドのレストランや、リッツ・カールトンスパ、パノラマラウンジ、ワインバー、船内エンターテイメントを展開。また、その土地の地元シェフや、ミュージシャン、アーティストとコラボレーションしたサービスの提供も予定されている。

最終更新:6/23(金) 14:22
Fashionsnap.com