ここから本文です

【全文】小林麻央さん死去 最期の言葉は「愛してる」市川海老蔵が会見

6/23(金) 16:01配信

ログミー

乳がんを公表し、闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんがお亡くなりになりました。これを受けて、夫の市川海老蔵氏が6月23日に会見。「本当にかけがえのない時間を過ごせた」と最愛の人の死を悼みました。

市川海老蔵が記者会見

市川海老蔵氏(以下、市川):えー、昨日夜に、妻、麻央が旅立ちまして、それによりまして、いろいろとございます。その中で、家族の時間や家族でしなくてはならないこと、家族で話すべきこと。

あと子どもたちとのこと。そういったことの時間という中で、思った以上にみなさまに伝わったのが早かったということで、急遽このようにみなさまに時間を作っていただいたのも、そのように多くの方にご迷惑がかからないように。

そしてまたブログや、ましてやアナウンサー時代から妻のことを応援してくださった方々にご報告ということで、このような時間を設けさせていただきました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

記者:ご僅々のところ大変申し訳無いんですけれども、麻央さんとの最後の時はどなたが看取られて、どんな言葉をかわされたんでしょうか?

市川:私は昨日も舞台でございまして、それまで麻耶さんと麻央のお母さんと、ずっと看病をしていました。私は昨日舞台が終わった後に、ここで別の撮影がございまして、その後にロビーでまた別の稽古がございました。

そしてそのときにお母様からLINEが来ていたんですけれども、ちょっと僕は見ることができませんでした。

約1時間半ほど遅れて見た内容が、「具合が悪い、ちょっとお医者さまも来ていて家族を呼んだほうがいい」というような内容でして、私もちょっと慌てて急いで家に帰ったわけです。そうして帰りまして、妻の麻央はこの世にいてくれて。

たまたま、本当にたまたまなんですけど、私がちょうど妻の傍に座って、呼吸が苦しそうだったんで、「大丈夫かな……」と思って。

昨日は、一昨日までは喋れたんですけど、昨日はずっと喋れずにいたので。あの、まあこれは本当に不思議な話なんですけれども、息を引き取る瞬間、私は見ていました。その時、僕は本当に不思議なんですけれど。

「愛してる」と言って。彼女が。その一言を言って……。泣いちゃいますよね。その一言「愛してる」と言って、本当にそれでそのまま旅立ちました。

記者:愛してるという言葉は麻央さんはちゃんと受け止めたように見えましたか?

市川:いや、僕が言ったわけではなくて、彼女が。旅立つ間際に「愛してる」、「る」が聞こえたか聞こえないかはちょっとわかんなかったですけど。「愛してる」と言って、旅立ったのがちょっと……。

まあなんと言うんでしょうか、こんなに愛されていたのはよくわかっていたんですけど、最後の最後まで愛してくれていたことに……。

なんとも言えませんね。すいません、なんか。どうしようね、昨日の今日でなにも準備ができていなくて、このようなところでお見苦しいところをすいません。

記者:最期、自宅で送ってあげることができたのは良かったと思いますか?

市川:それはとても良かったと思います。お母さまもお父さまも、私もお兄さまも、麻耶さんも。子どもたちもずっと側にいられたので、すごく良かったなと。病院で、私は父を病院で亡くしているので。

病院のときとは違う、家族の中で、家族とともに一緒にいられた時間というのは、本当にかけがえのない時間を過ごせたと思います。

1/4ページ

最終更新:6/23(金) 16:01
ログミー