ここから本文です

【インド】南部出身の微生物学者、日本の環境大臣賞を受賞―土壌地下水汚染対策で

6/23(金) 17:23配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 農業微生物学者で土壌汚染調査や浄化工事などを手掛ける「エコサイクル」(東京都中央区)のシュリハリ・チャンドラガトギ社長が日本で今月、平成29年度の「環境賞」を受賞した。外国人としては初の受賞。6月21日付PTI通信が報じている。

 同賞は、国立環境研究所と日刊工業新聞社が主催し、環境省が後援。チャンドラガトギ氏は今回、「バイオ浄化剤による土壌地下水汚染対策技術」で最高位の「環境大臣賞」を受賞した。

 同氏はカルナタカ州ウッタラ・カンナダ出身。東京に20年近く在住し、12を超える技術で特許権を取得している。特許技術は、日本をはじめ、台湾、タイ、インド、中国、米国など400カ所以上で活用されているという。