ここから本文です

西武・辻監督猛ゲキ「一戦必勝」タカ戦前に円陣で意思統一

6/23(金) 9:53配信

西日本スポーツ

「まだ優勝を狙える位置にいる」

 西武の辻発彦監督(58)が22日、9年ぶりのリーグ優勝に向け、チームの意思統一を図った。交流戦明けの初戦となる23日のソフトバンク戦に向け、ヤフオクドームで全体練習が始まる前、円陣を組んで訓示した。

【写真】片岡安祐美にお立ち台をおねだりされる西武・源田

 引き締まった表情の選手たちに、辻監督は力を込めて呼びかけた。「ここまで貯金をつくったのは、みんなのおかげだ。まだ優勝を狙える位置にいるので、これからの一戦一戦を全力でいこう」。選手の奮闘をねぎらいつつ、再開するリーグ戦に向けて奮起を促した。

逆転のチャンスは十分

 順調な戦いで貯金9を積み上げた。交流戦も10勝7敗1分けの3位フィニッシュ。首位楽天とは5・5ゲーム差ながら、残り80試合で逆転のチャンスは十分にある。この日はシートノックなど約3時間の練習に取り組み、士気を高めた。

 「これから暑くなって苦しい時期が続くが、しっかり体調を管理してやっていく」。対ソフトバンクは昨季まで6年連続負け越し。内川ら主軸を欠くとはいえ、辻監督も手ごわさは熟知する。まずは眼前のタカを倒し、さらなる高みを目指す。 

=2017/06/23付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:6/23(金) 9:53
西日本スポーツ