ここから本文です

中国・青山鋼鉄、インドネシア熱延ミル7月完工へ

6/23(金) 17:56配信

日刊産業新聞

 ステンレス世界最大手、中国の青山鋼鉄集団の子会社がインドネシア・スラウェシ島で進めている年産200万トンのステンレス熱延工場は、7月にも完工することが分かった。青山鋼鉄に近い関係者が明らかにした。SUS300系と同200系の熱延コイルなどを製造する。同地域ではニッケル銑鉄(第3期工事)とフェロクロムの工場も併せて建設を完了。インドネシア初の原料一貫のステンレス熱延メーカーが誕生する。総投資額は40億ドル(約4400億円)、約2万人の雇用を計画している。

最終更新:6/23(金) 17:56
日刊産業新聞