ここから本文です

女優・ダレノガレ、悲願の映画デビュー「便利屋エレジー」24日公開

6/23(金) 10:01配信

スポーツ報知

女優ダレノガレ

 モデルでタレントのダレノガレ明美(26)が初出演する映画「便利屋エレジー」(土田準平監督)が24日に公開される。慣れない現場に悪戦苦闘したことを明かしながらも「ケンカのシーンがお気に入り」と手応えをつかんだ。今後も女優業に前向きで「刑務所に入っている超ヤバイ女とか、普通の女優さんがやりたくないような役をやってみたい」と目を輝かせた。

美ボディに研きをかけるダレノガレ明美

朝5時?は?

 12年にモデルデビューしてから「いつかはやりたい」と待ち望んでいた映画デビュー。初出演作「便利屋エレジー」では、主演の鈴木貴之(27)、共演の寺井文孝(38)とともに、便利屋の紅一点・鈴木由美子役を演じた。気性と言葉遣いが荒い役どころは、普段のバラエティーで見せる姿と重なる部分もある。

 「役が自分のキャラと合ってないと大変なことになると思っていたので、よかったです。私の場合、キャラクターが既にバラエティーで作られてるから、そのキャラとあまりに違うことをやると『何これ?』って思われちゃう。今回は、ありのままの私、とまではいかないけど楽しくできました」

 撮影は昨年10月、約1週間で撮り終えた。早朝5時に家を出て、深夜まで撮影が続く日もあったという。
 「バラエティーは朝早いっていっても、始まるのは午前11時ぐらい。今回は朝5時? はぁ? みたいな。毎日深夜に終わるので、家に帰ってお風呂に入って、すぐにまた現場に向かう日もありました。でも、みんなに会えるから楽しみだったし、あっという間に終わった感じ。スタッフさんがすごく優しくしてくれて、畑違いの私を受け入れてくれました」

 劇中では、同じく便利屋を演じた寺井とケンカをするシーンが何度もある。 「ケンカのシーンはお気に入りですね。前に失恋して嫌いな男の子を思い浮かべて、その子とケンカしている気持ちでやってました。普段からケンカ? しないですよ。昔も激しい殴り合いとかはしたことなくて、(女同士で)髪の毛の引っ張り合いとか、胸ぐらつかんでとか、そのぐらいかな。男の人とはケンカしても勝てないし。口撃はしますけどね」

1/2ページ

最終更新:6/23(金) 10:01
スポーツ報知