ここから本文です

【動画】九州は再び大雨に警戒 東日本は晴れ間も(23日18時更新)

6/23(金) 17:35配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 24日(土)は九州地方で再び大雨に警戒が必要です。晴れ間のある近畿地方から北の地域は7月中旬頃の気温の予想で、東日本では空気がジメジメして蒸し暑くなりそうです。  

 24日(土)は梅雨前線に流れ込む湿った空気の影響で、九州南部を中心に大雨に警戒が必要です。大雨の原因となる湿った空気は、今週22日(木)の沖縄地方の梅雨明けが関係しています。沖縄では梅雨明けの夏至の頃に吹く南風を”カーチーベー”と表現し、この季節風が太平洋高気圧の廻りを流れ込んできます。そのため、この時季は湿った南風が集まりやすい九州地方で大雨が降りやすくなります。

 九州南部では24日(土)の夕方までに予想される雨の量は、多いところで150ミリで、20日(火)に降った大雨に匹敵する雨量が予想されています。低い土地での浸水・土砂災害・河川の増水に警戒が必要です。九州北部は同時間帯に50ミリの雨を予想しています。

 24日(土)の日中の気温は、晴れ間のある大阪・名古屋は30℃、東京は29℃と7月中旬頃の気温の予想です。
(気象予報士・崎濱綾子)

最終更新:6/23(金) 17:35
ウェザーマップ