ここから本文です

アルファロメオ 新型ジュリアを2017年内に導入…V6ツインターボ搭載で最高出力510PS

6/23(金) 14:14配信

オートックワン

FCAジャパンは、アルファロメオブランドの高性能スポーツサルーン「新型ジュリア」を、2017年内に販売することを決定した。

【画像】アルファロメオ 新型ジュリアのフォトギャラリー

2017年6月24日に創業107周年を迎えるアルファロメオにとって、ジュリアはその長く輝かしい歴史を象徴する1台であり、同時に新たなチャプターを刻む重要なモデルでもある。

米国、中国などグローバル規模で新型ジュリアの導入によるアルファロメオブランドの再ローンチが進展しており、日本でも年内のジュリア発売に向けて、アルファロメオ専売店舗の展開を進めている。

なお、ジュリアの販売開始日や価格などの詳細は、発売が近づいた段階で発表される予定だ。

■感情を掻き立てる新次元のドライビング
アルファロメオのデザインは、「伝統の継承」「スピード感」「美しさ」の3要素を融合しているが、これは新型ジュリアでも同様で、「プロポーション」「シンプルさ」「クオリティ」の3方向のアプローチから洗練されたデザインを実現した。

「プロポーション」については、車体の前後オーバーハングを短く切り詰めたことが挙げられる。

これは、エンジンやその他のメカニカルコンポーネントを前後の車軸間にレイアウトすることで実現しており、その結果、高性能スポーツサルーンらしい均整のとれたスタイリングと前後50:50の理想的な重量配分を実現した。

「シンプルさ」という点で、アルファロメオでは、上質な雰囲気と洗練されたデザインを「一筆の動き」で表現している。ジュリアの場合は、トレフォイル(三つ葉)をモチーフとしたフロントマスクや、特徴的なサイドドアのプレスラインがこの手法で描かれている。

さらに「クオリティ」の面では、飛びかかろうとする猫を思わせる躍動的なエクステリアデザインやコクピット周辺の操作スイッチ類、美しくカーブしたダッシュボードなど、インテリアも丁寧に作りこまれている。

■510psを生み出す高性能エンジン
アルファロメオのDNAを形成する重要な要素のひとつとして革新的なエンジンがあげられるが、開発チームはテクノロジーとパフォーマンスの両面において最先端をいく高性能エンジンを生み出し、最上級グレードの「クアドリフォリオ」に搭載した。

フェラーリ出身のエンジニアによりチューンされたV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最高出力510psを生み出し、0-100km/h加速は3.9秒という圧倒的なパフォーマンスを実現。またこの新世代エンジンは電子制御の気筒休止システムを備え、優れた燃費性能も両立している。

さらにアルミニウムの採用により軽量化を果たすとともに、アルファロメオ独自のサウンドも追求した。

最終更新:6/23(金) 14:14
オートックワン