ここから本文です

オンキヨー&パイオニアの低価格DAP、アップデート計画をキャッチ!

6/23(金) 12:51配信

Stereo Sound ONLINE

ユーザーの声を元に常に進化し続ける

 ハイレゾ対応DAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)、オンキヨー「rubato」(DP-S1)、パイオニア「private」(XDP-30R)のファームウェアアップデートに関する情報を入手した。

 オンキヨー&パイオニアは、第1弾として[1]スクロールバー機能の追加、[2]スクロール速度の変更、[3]文字コードがシフトJISに対応、以上3点のアップデートを7月上旬に公開予定だという。

 さらに、以下の内容についても順次アップデートを検討しているとのことだ。

●MQAファイル形式対応
●ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」で購入した楽曲を、インターネット経由でDAP本体に直接ダウンロードできる「e-onkyoダウンローダー」機能対応
●インデックス対応
●サイドキーによる早送り/早戻し
●プレイリスト機能の強化
●フォルダー再生機能の強化
●レジューム機能の追加
●USB OTGによるデジタル出力への対応

 これらはサポートセンターや各種イベントでユーザーから寄せられた声を元にしたもの。全部実装されれば、使い勝手が格段にアップするので実現に大いに期待したいところ。

 同社では今後も機能追加や使い勝手の向上を推し進めていくとのことなので、「こんな機能があればいいのに」といったアイデアのある方は、イベントや試聴会で積極的に同社スタッフに伝えてみよう。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:6/23(金) 12:51
Stereo Sound ONLINE