ここから本文です

今夏もザルツブルクの選手は大人気 南野の同僚ラザロとファン・ヒチャンにドイツから関心

6/23(金) 13:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

南野にチャンスはくるか

オーストリアを代表する強豪クラブの1つであるレッドブル・ザルツブルクからは、これまでに何人も優秀な選手が欧州五大リーグのクラブに引き抜かれている。選手としてはステップアップの場と捉えることもでき、FW南野拓実も2015年の冬からザルツブルクでプレイしている。

久保裕也に続く“新鋭”南野拓実はなぜ代表に呼ばれないのか!?

そのザルツブルクには今夏もブンデスリーガのクラブから注目されている選手がいる。まずは今季リーグ戦で12得点を挙げて韓国代表にも召集されるようになった21歳のFWファン・ヒチャンにはブンデスリーガのハンブルガーSVが興味を示しており、現在トッテナムで活躍する韓国代表FWソン・フンミンもハンブルガーSVでプレイしていたことから注目を集めている。

さらに独『Kicker』によると、ザルツブルクの10番を背負うヴァレンティーノ・ラザロには同じくブンデスリーガのヘルタ・ベルリンが注目している。ヘルタは今夏に日本代表FW原口元気がプレミアリーグに挑戦する可能性が高くなっており、その後釜にスピードのあるアタッカーを探しているという。当初はザルツブルクの求める移籍金800万ユーロに難色を示していたようだが、原口の売却益を充てたい考えだ。すでにヘルタ移籍で合意したとも言われており、今夏もザルツブルクの選手は人気だ。

ザルツブルクで今季得点を量産した南野もそろそろ五大リーグにステップアップしたいところで、日本代表に呼ばれてもおかしくないクオリティを持っている選手なのは間違いない。ラザロとファン・ヒチャンはともに21歳と若い選手だが、22歳の南野にチャンスは訪れるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合