ここから本文です

<豊田議員の暴行問題>地元市民団体、議員辞職求める「許されない」

6/23(金) 22:33配信

埼玉新聞

 自民党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=が「元政策秘書の男性に暴力行為などを行った」などとの一部報道を受け豊田氏が離党届を提出した問題で、埼玉県の朝霞など4市の市民らでつくる「市民が野党をつなぐ埼玉4区の会」は23日、豊田氏の議員辞職を求める要望書を同氏の議員会館事務所と自民、公明両党の各本部に郵送した。

 要望書は「政策秘書への暴言暴行傷害事件を引き起こした豊田氏が有権者の声を国政に届ける議員の座に座り続けることは、4区の有権者として到底認められない」と指摘。「無所属になったからといって許されるはずもない。直ちに議員辞職すべき」としている。

 また、自民、公明両党に対し「総選挙で公認した自民党、推薦した公明党の責任も問われる。両党がそれぞれの責任で豊田氏に議員辞職を求めるように要望する」としている。

 4区の会は今年1月、野党共闘を実現するために4市の市民らの呼び掛けで結成。次期衆院選に向けて野党の連携を図っている。

最終更新:6/23(金) 22:33
埼玉新聞