ここから本文です

交流戦、柳田が2度目MVP 日本生命賞は広島丸&日ハム松本「本当に光栄」

6/23(金) 14:16配信

Full-Count

柳田の2度目MVPは史上初、日ハム選手の日本生命賞は大谷に続き2年連続

 最優秀選手賞(MVP)はソフトバンクの柳田悠岐外野手が受賞。18試合出場で打率.338、24安打(5位タイ)、7本塁打(2位)、23打点(1位)、出塁率.415、得点圏打率.565(1位タイ)の好成績をマークした。

【動画】MVP柳田が印象に残ったプレー「打球はめちゃくちゃダサかった」ソフトバンク珍サヨナラ勝ちの瞬間

 選考理由は「日本生命セ・パ交流戦期間中、12球団トップの23打点を記録。サヨナラ安打や4本の先制打など、チームの勝利に結びつく一打を数多く放ち、3年連続の最高勝率に大きく貢献した」とされている。2015年以来の受賞で、2度目のMVPは交流戦史上初となった。

 パ・リーグの日本生命賞は日本ハムの松本剛内野手。17試合出場で打率.396(2位)、21安打、0本塁打、5打点、出塁率.439(2位)、得点圏打率.462(4位タイ)と、こちらもハイレベル成績を残した。選考理由では「6月2日の甲子園での阪神戦、9回に代打で決勝の2点適時二塁打を放つと、その後はレギュラーに定着。日本生命セ・パ交流戦期間中、打率2位の好成績を残し、チームの勝利に貢献した」と評価されている。

 松本はチームを通じて「リーグで1人しか受賞できない賞をいただけて本当に光栄です。試合に出していただいた監督・コーチに感謝しています。交流戦と同様に多く試合に出られるよう、これからも1試合1試合全力でプレーし、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」とコメントを発表。日本ハム所属選手の同賞受賞は、昨年の大谷翔平投手に続き、2年連続となった。

 セ・リーグの日本生命賞は広島の丸佳浩外野手が受賞。18試合出場で打率.411(1位)、30安打(1位)、5本塁打、18打点(2位)、出塁率.469(1位)、得点圏打率.565(1位タイ)をマーク。選考理由は「日本生命セ・パ交流戦期間中、打率・安打数・出塁率において、日本生命セ・パ交流戦トップの成績を残し、チームの勝利に貢献した」とされている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/23(金) 14:16
Full-Count