ここから本文です

女性杜氏、夢へ一歩 純米吟醸酒「卯酒」販売、福島・本宮の大天狗酒造

6/23(金) 11:18配信

福島民友新聞

 大天狗酒造(福島県本宮市、伊藤滋敏社長)が500本限定の純米吟醸酒「卯酒(うさけ)」の販売を始めた。手掛けたのは女性杜氏(とうじ)を目指して県清酒アカデミー職業能力開発校で酒造りを学ぶ同酒造マネジャーの小針沙織さん(29)。試行錯誤しながら酒造りへの一歩を踏み出した。

 小針さんは伊藤社長の長女で、結婚を機に実家に戻った。杜氏になるため2015(平成27)年から同アカデミーに通い、ことしが最終の3年目。本県の酒造りを担う同年代の人たちから刺激を受け、「自分で酒を造りたい」との気持ちが芽生えたという。

 酒造りで思い描いたのは若い女性が楽しめる日本酒だ。原料米は「ユメノカオリ」、水は「雷神清水」と、伊藤社長と同じく地元にこだわり、女性にどんな味が求められるか工夫を凝らした。味だけでなく見た目も重視。ラベルに自らの干支(えと)でもある愛らしいウサギをあしらった。

 酒造りに当たって友人らから意見を求め、構想から9カ月で完成させた。ラベルに加え「甘酸っぱい」と評される味が人気を集めている。

 「今の自分の精いっぱいを出せた」。小針さんは手応えをつかむ一方、「もっともっとおいしい酒を造って多くの人に日本酒の魅力を感じてほしい」と語った。

 問い合わせは大天狗酒造(電話0243・33・2017)へ。

福島民友新聞

最終更新:6/23(金) 11:18
福島民友新聞