ここから本文です

16歳でデビューさせた恩師は残留を支持「ドンナルンマはまだ18歳だ」

6/23(金) 19:24配信

theWORLD(ザ・ワールド)

契約を延長しないことを正式に発表

ACミランは先日、クラブ公式サイトにGKジャンルイジ・ドンナルンマとの契約を延長しないことを正式に発表した。異例の発表に同選手の動向には注目が集まっている。

ドンナルンマの獲得を狙うレアル・マドリードは、同時にマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアの獲得にも動いていると見られている。そのため18歳の同選手の動き次第では、世界を代表するGKたちの去就にも関わる可能性は否定できない。しかしドンナルンマを16歳にしてデビューさせた現トリノの監督ミハイロビッチは、ミランにまだ残るべきだと語った。同監督のコメントを英『TRIBAL FOOTBALL』が伝えている。

「全ての詳しい状況は分からないが、私が1つだけ言えることはドンナルンマはまだ18歳だということだ。素晴らしい選手だしとても愛着がある。もし彼にアドバイスできるなら、ミランに残るべきだと言うよ。そこではさらに向上できる。彼はまだ自分自身にプレッシャーを与える必要はない。彼にはまだ20年のキャリアがあるんだ」

恩師ともいえるミハイロビッチ監督は、ドンナルンマに残留を薦めた。18歳にしてミランの正GKに君臨する同選手だが、さらなる高みを目指してどのチームへ移籍するのだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp