ここから本文です

南海トラフ地震 応急対策計画を改定

6/23(金) 19:00配信

ホウドウキョク

政府は、南海トラフ巨大地震が起きてから1週間程度の対応を定めた計画を改定した。
23日に改定されたのは、南海トラフ巨大地震発生直後から実施される「応急対策」の計画で、被災地の支援や、物資の輸送体制などについて定めたもの。
2016年4月の熊本地震では、支援物資が避難所まで運ばれなかったなどの課題があり、計画では、物資を避難所まで届けるのは原則市町村が行い、運送会社とも連携するとしている。
また、輸送状況などをリアルタイムで把握できるシステムを活用し、国や自治体で情報を共有する。
政府は、訓練などを通じて、今後も計画を改善していくとしている。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/23(金) 19:00
ホウドウキョク