ここから本文です

市営住宅入居36年ぶりに抽選会 相模原市

6/23(金) 19:30配信

カナロコ by 神奈川新聞

 相模原市で36年ぶりとなる市営住宅(一般世帯向け)の公開抽選会が22日、相模原市消防指令センター講堂で行われた。住宅困窮度や世帯状況などを点数化するポイント方式選考を、5月募集分から抽選方式に切り替えた。

 32戸に対し、287人が応募。障害者やひとり親世帯など、これまで加点対象だった世帯には複数の抽選番号を与えたため、454の番号から当選と補欠が選ばれた。

 抽選会場には申し込んだ13人が訪れ、立候補した女性が抽選器を回した=写真。数字の書かれた玉が出るたびに、身を乗り出して注視する人も。抽選結果は、通知書を発送する6月末まで市市営住宅課に掲示し、最終審査を経て入居者が決定する7月25日まで市ホームページにも掲載予定。

 一般単身者向け、多人数世帯向けなどの住宅30戸分は、引き続きポイント方式で選考、7月14日に決定する。