ここから本文です

『恋ヘタ』ラストに「キュンキュンが止まらない!」と反響 “恋ヘタロス”の声も

6/23(金) 11:00配信

クランクイン!

 藤原晶原作の人気コミックを実写化した連続ドラマ『恋がヘタでも生きてます』(読売テレビ・日本テレビ系)が22日に最終回を迎え、ハッピーエンドにあふれたラストに、視聴者からは「キュンキュンした」との声が続出した。

【関連】「高梨臨」フォトギャラリー


 ゲーム会社に勤めるキャリアウーマンの美沙(高梨臨)と、会社の社長として君臨しながら美沙に思いを寄せる佳介(田中圭)、美沙の親友で結婚直前に相手に浮気され恋を嘆く千尋(土村芳)と、あるきっかけで千尋とコンタクトを続け、千尋のことが気になる司(渕上泰史)。

 美沙の思いを汲み、会社を辞めてまで会社合併を引き留めた佳介。自分を見つめ直し、新たな道に進むために司との別れを決めた千尋と、それぞれの恋の行方が注目された最終回では、プレイボーイの司、頑なに佳介と距離を持ち続けた美沙が、本当の気持ちに気づき引き留めることで、それぞれが新たな道に進むというエンディングを迎えた。

 このエンディングには反響の声が続出し、ツイッター上では深夜枠のドラマにもかかわらず「#恋ヘタ」というキーワードがトレンド入りした。「もぉーニヤニヤが止まらんやった」「ハッピーエンド過ぎんか?!めっちゃキュンキュンしたわ!何アレ!最後めっちゃイイ!」というラストへの感想のほか、「来週から何を観ればいいのだろう恋ヘタロス」「うわーすでに恋ヘタロスになりそう」「何もかもまとまっていて凄く良いドラマでした!続編が見たいです!また会える日を楽しみに待っています」と“恋ヘタロス”を嘆くとともに、続編を希望する声が多く寄せられている。

最終更新:6/23(金) 11:00
クランクイン!

Yahoo!ニュースからのお知らせ