ここから本文です

平で再び子グマ発見 中学校から40~50メートル

6/23(金) 11:31配信

北日本新聞

 23日午前8時50分ごろ、南砺市下梨(平)の国道304号付近に子グマがいるのを、通り掛かった消防署員が見つけ、市平行政センターに通報した。22日にも2回にわたり、200~300メートル離れた箇所で子グマが目撃されており、市は同一の子グマの可能性が高いとみて、注意を呼び掛けている。

 現場は平中学校から40~50メートルの地点。子グマは国道の待避所から平中学校グラウンド方向の茂みに入っていったという。

 同校では、屋外での部活動や体育の授業を控えているほか、徒歩通学の生徒もスクールバスでの送迎に切り替えている。保護者にもメールで安全を呼び掛けている。

 同10時ごろには、同市利賀村長崎の民宿別館付近でも子グマが目撃された。

北日本新聞社

最終更新:6/24(土) 0:59
北日本新聞