ここから本文です

赤ちゃん抱き中学生笑顔 入善でいのちの教室

6/23(金) 15:55配信

北日本新聞

 入善町保健センターは23日、同町入善中学校体育館で「いのちの教室」を開き、2年生約120人が生後数カ月の赤ちゃんと触れ合った。

 生徒は5、6人のグループに分かれ、来校した親子21組と対面。抱っこして頬や手を触り「かわいい」「ぷにぷにする」と歓声を上げ、急に泣いたり筆箱に興味を示したりする様子を笑顔で見守った。妊婦のおなかの中にいる胎児の心音を聞いたほか、赤ちゃん誕生を喜ぶ家族を描いた紙芝居に見入った。

 教室は、生命の貴さを子どもたちに伝え心身の健全育成を促すことを目的に毎年行っている。7月3日に入善西中学校でも開かれる。

北日本新聞社

最終更新:7/11(火) 9:56
北日本新聞