ここから本文です

ル・マン:LMP2マシンがレースをリードしたことは「レースにとって素晴らしいこと」とトッド

6/23(金) 12:09配信

オートスポーツweb

 LMP2マシンとそのドライバーたちがル・マン24時間耐久レースで総合首位を走ったことは「レースにとって素晴らしいこと」だとFIA世界自動車連盟会長のジャン・トッドは考えている。

【画像】リタイアを余儀なくされ撤去されるトヨタ9号車

 6月17~18日に開催されたWEC世界耐久選手権シリーズのハイライトであるル・マン24時間レースでは、3台のトヨタTS050ハイブリッドと、2台のポルシェ919ハイブリッドの5台すべてのマシンにトラブルが発生した。

 レースは、序盤に上位を走行していたトヨタ勢が夜間に相次いで脱落。その後、トップを独走していた1号車ポルシェは、レース残り3時間のところで油圧系にトラブルが発生しリタイアとなった。

 1号車ポルシェの脱落後、イオタ・スポーツが運営するジャッキー・チェンDCレーシングの38号車オレカ07・ギブソン(オリバー・ジャービス/トーマス・ローレント/ホー-ピン・タン)が総合首位に立ち、大きなリードを広げていく。

 2号車ポルシェは、スタートから4時間が経過したところでフロントアクスルにトラブルが発生。トップから大きく遅れをとっていた。しかしレース終盤、驚異的なペースで追い上げ、トップを走っていたLMP2クラスの38号車オレカを追い抜くと、ポルシェにとって通算19回目のル・マン優勝を飾った。

 ジュネーブで行われたFIAのスポーツカンファレンスでトッドは、LMP1マシン全車にトラブルが襲いかかったことよりも、LMP2クラスのマシンがレースをリードしたドラマの方がモータースポーツにとって好ましいと語った。

「レースは予測がつかないということがふたたび示されたのは良いことだ」とトッド。

「人々は、ひとつのチームが勝利を独占すると『結果は分かっているんだ』と不満を言う。ここで、こんな結果が出るなど誰も想像しなかっただろう」

「名前を聞いたことのないようなチームやドライバーが活躍した。レースにとって素晴らしいことだと思う」

「ポルシェの挽回は素晴らしかった。いいレースだった」

 総合3位/LMP2クラス2位でチェッカーを受けたヴァイヨン・レベリオンの13号車オレカ07・ギブソン(ネルソン・ピケJr./デビッド・ハイネマイヤー-ハンソン/マティアス・ベッシェ)は、ボディワークに違反があったとして失格となった。

 そのため、ジャッキー・チェンDCレーシングの37号車オレカ07・ギブソン(アレックス・ブランドル/トリスタン・ゴメンディ/デビッド・チェン)の順位がひとつ繰り上がった。これにより、チームは38号車オレカが総合2位/クラス1位、37号車オレカが総合3位/クラス2位を獲得することとなった。

「私の友人のジャッキー・チェンが、2位と4位だったところを、2位と3位になれたことをとても嬉しく思う」とトッドは語った。

[オートスポーツweb ]