ここから本文です

女王・北國銀の胸借りる ハンド女子U20代表が白山で合宿

6/23(金) 1:12配信

北國新聞社

 白山市の北國銀行スポーツセンターで、ハンドボール女子U20(20歳以下)日本代表の強化合宿が行われている。22日は18選手が国内ナンバーワンの実力を誇る北國銀行の胸を借りながら精力的に汗を流した。

 東アジア選手権(26日から岩手県花巻市)とジュニアアジア選手権(7月15日から香港)に向けた合宿で、次代を担う選手として期待される大阪体大の中山佳穂、相澤菜月をはじめ大学生を中心に若手精鋭が顔をそろえた。

 楠本繁生監督(大阪体大)と佐藤奏吉コーチ(JOC専任ジュニアコーチ)の厳しい声が飛ぶ中、代表メンバーは北國銀行の選手を相手に攻守のレベルアップに努めている。

 5月の全日本社会人選手権で4連覇した北國銀行にとっても、貴重な実戦練習の場となる。荷川取義浩監督は「U20はスピードがあり、いい練習になる」と話し、8月26日開幕の日本リーグ、10月の国体、12月の日本選手権を合わせた2シーズンぶりの4冠へ自信をのぞかせた。

北國新聞社

最終更新:6/23(金) 1:56
北國新聞社