ここから本文です

【中溝康隆J連載】『totoを当ててリーガ・エスパニョーラを見に行こう! 第1回』

6/23(金) 19:08配信

SOCCER KING

◆リーガ観戦旅行費は約40万円

 生きる上で「目標」と「夢」は似ているようで全然違う。

 目標とは人生の過程であり、夢とは人生の寄り道だ。だから、時に夢は人生を狂わす。恐らく、誰にでもいつか人生で叶えたい夢があるはずだ。俺にも夢がある。憧れのリーガ・エスパニョーラをスペインでじっくり観ることだ。 

 レアル・マドリードのサンティアゴ・ベルナベウやバルセロナのカンプ・ノウ、そしてガイスカ・メンディエタやパブロ・アイマールがいた時代から好きだったバレンシアのメスタージャといった現地のスタジアムをひとつずつ回ってみたい。

 もちろん行こうとしたことは何度もあった。2000年代前半、大学のヨーロッパ卒業旅行を計画していたら、あの9.11同時多発テロの余波で泣く泣く断念。社会人時代、リーガ・エスパニョーラのDVDボックスデザインを担当して、簡単なスペイン語も覚え準備万端と思ったら、2006年ドイツ・ワールドカップでの日本代表惨敗がきっかけで転職をするハメになりそれどころじゃなくなった。

 よし今度こそ行ってやる。でもどこにそんな時間とお金があるのだろう?

 日数的には余裕を見て10日間は欲しい。…まあ冬の野球オフシーズンに強引に飛べばなんとかなるだろう。料金は格安航空券サイトで見ると、往復10万円以下だと乗り換え2回で片道35時間というハードさ。ここは大人の余裕チラ見せでスイス・インターナショナル・エアラインズやフィンエアー(フィンランド航空)の片道15時間、往復で約15万円~20万円あたりが妥当か。で、さらに現地のホテル代、サッカーチケット代、食事代、お土産代と色々合わせるとざっと総額「40万円」というお見積もり。

◆サッカー観戦の費用はサッカーくじで稼ぐ

 ヨンジュウマンエン…。真夜中に缶チューハイ片手にひとり呟いてみると、俺も大人になったなと実感できる金額だ。決して安くはないけど、頑張れば手が届かない金額でもない。夏のボーナスが出ればなんとか…と言っても、今の自分の仕事はフリーランスのライターなのでボーナスはない。じゃあ、もうあれしかないな。こうなったらサッカー観戦の費用はサッカーで稼ぐ。辿りついたのが“toto”。泣く子も黙る、サッカーくじである。

 昔何回か買ったけど、当たらないからすぐやめたよ。そんな大人の通過儀礼“toto”。いや、今度はお遊びじゃなく本気で当てに行く。

 さあ新連載『totoを当ててリーガ・エスパニョーラを見に行こう!』。ってもちろん素人が好き勝手に予想して的中できるほど甘くはないのは分かってる。ならば専門家の助けを借りればいい。サッカーくじ予想サイト『totoONE』(以下トトワン)はサッカー通や編集部のガチ予想から、各チームの番記者による詳細データも掲載しているので、普段はDAZNでJ1を中心に観戦する自分にもJ2・J3情報をアシストしてもらえそうだ。

 このトトワンを参考に1回2000円前後を購入。そして苦労して当てたという、ずっと好きだったおネエちゃんと付き合えた的な感動のストーリー性と既成事実が欲しいので、機械がランダムに数字を選ぶ最高6億円のBIGではなく、自ら予想するtotoのみで挑戦。いつの時代も夢は自分の手で摑み取ってこそナンボだ。というわけで、さっそく6月3日締切の第935回totoを予想してみることにした。

1/2ページ

最終更新:6/23(金) 19:08
SOCCER KING