ここから本文です

ユーロ圏:6月の経済活動は鈍化-4~6月では6年ぶりハイペース

6/23(金) 18:09配信

Bloomberg

ユーロ圏の製造業とサービス業を合わせた経済活動は6月に、サービス業の減速でやや鈍化したものの、4-6月期は6年ぶりのハイペースで拡大した。

IHSマークイットが23日発表した6月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)速報値は55.7と、5カ月ぶりの低水準となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では56.6と、5月の56.8からの小幅低下が見込まれていた。製造業PMIは2011年以来の高水準となった一方、サービス業PMIは5カ月ぶり低水準に沈んだ。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は発表文で、「PMI速報値は6月に成長の勢いがやや弱まったことを示したものの、最近の高水準という全体像の中で見る必要がある」と指摘。「6月の低下にもかかわらず、4-6月(第2四半期)平均の拡大ペースは約6年ぶりの高さで、域内総生産(GDP)成長率で0.7%に相当し、1-3月(第1四半期)の0.6%から加速したことを示唆している」と付け加えた。

発表によれば、6月のユーロ圏サービス業PMI速報値は54.7と、前月の56.3から低下。製造業PMI速報値は57.3で、5月の57.0を上回った。

原題:Euro-Area Momentum Eases as Best Quarter in Over Six Years Ends(抜粋)

Piotr Skolimowski

最終更新:6/23(金) 18:09
Bloomberg