ここから本文です

アマゾンCEO、慈善業界を揺さぶる-たった1回のツイートに大反響

6/23(金) 10:44配信

Bloomberg

アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、これまで慈善業界ではほとんど目立たない存在だった。それが先週、たった1回のツイートで一変した。同氏のつぶやきには4万2000件の反応が集まった。

ベゾス氏がツイッターで、「今まさに」人を助けるためには自分の財産をいかに使うのがベストかと問いかけると、世界中で熱狂的な反応が起きた。歌手のマドンナさんも世界2位の資産家であるベゾス氏に対し、デトロイトを訪問してチャリティー活動に参加するよう誘った。

この一風変わった公開アプローチはシリコンバレー流の型破りなやり方であり、コンサルタントや専門家を起用して多額の寄付を募ることが一般的な慈善業界において注目を集めている。

慈善団体ナショナル・フィランソロピック・トラストの最高責任者アイリーン・ハイズマン氏は、ツイッターでのアイデア募集について、ベゾス氏がベンチャーキャピタリストのように、価値ある投資先を見つけるために提案を探し求めていることを示していると指摘した。

クロニクル・オブ・フィランソロピーによると、ベゾス氏の両親が主に出資するベゾス・ファミリー財団を除くと、これまで分かっているベゾス氏と家族の寄付額は計約1億ドル(約110億円)。これはビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏を大きく下回る。

原題:Amazon’s Bezos Disrupts Another Frontier, With Just One Tweet(抜粋)

Tom Metcalf, Brendan Coffey

最終更新:6/23(金) 10:44
Bloomberg