ここから本文です

<上戸彩>女性が輝き続ける秘訣は「誰かのために生きること」

6/24(土) 19:00配信

毎日キレイ

 女優の上戸彩さんと俳優の斎藤工さんが演じた禁断の関係が話題を呼んだ2014年放送のフジテレビ系ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」。このドラマの3年後を描いた劇場版「昼顔」(西谷弘監督)が全国で公開されヒット中だ。この作品で“道ならぬ愛”の末の苦悩を見事に体現した上戸さんに、女優の仕事について、また休日の過ごし方や最近はまっていることなどについて聞いた。

【写真特集】道ならぬ愛に身をやつす……上戸さんの全身カット 「昼顔」の名場面も

 ◇3年後に再会した2人

 映画はドラマの3年後が舞台。不倫関係に陥った主婦の紗和(上戸さん)と高校の生物教師の北野(斎藤さん)は、調停によって引き離され、紗和は離婚し、北野は妻・乃里子(伊藤歩さん)の元へと戻った。3年後、つつましく1人暮らしをしていた紗和は、移り住んだ海辺の町に偶然、大学の非常勤講師となった北野が講演に訪れることを知る。逡巡(しゅんじゅん)しながらも会場に足を運ぶ紗和。そのことがきっかけで2人は再会し、再び逢瀬を重ねるようになるが……という展開。

 ◇女優人生のターニングポイントに

 上戸さんは、演じた紗和と同じく不倫関係に陥って悩んでいる同世代の女性に対しては「言えることは何もございません!」と“妻”の立場で突き放しつつ、「それぞれのとらえ方がある映画になっていると思うので、皆さんで恋愛トークをして、お友達の新しい一面を知っていただくのもあり、一人で映画館デビューして、感慨にふけっていただくのもあり。普通の映画とまた違う新しい形の作品なので、人間心理の深いところをつつかれてもらえるといいなと思います」とメッセージを送る。

 女優として「違う人生を生きられることが楽しい」と話す上戸さん。今作は女優人生のターニングポイントになったことを実感しつつ、「心の深いところでお芝居したいですね。人間くさい作品に今後も出演して、見る方に届けられたらいいな。皆さんに響くものを与えられたらいいなと思いますね」と将来に思いをはせる。

1/2ページ

最終更新:6/24(土) 19:00
毎日キレイ