ここから本文です

藍、連続バーディ締めに笑顔「なんとか明日につながった」

6/24(土) 11:06配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ウォルマートNWアーカンソー選手権 初日◇23日◇ピナクルCC(6,331ヤード・パー71)>
米国女子ツアー「ウォルマートNWアーカンソー選手権」がアーカンソー州にあるピナクルCCを舞台に開幕。初日は午後2時29分に雷雨のため競技が中断されるなど天候には恵まれず。午前中は風もなくスコアの伸びるコンディションだったが、午後組は風に苦しめられた。

宮里藍のプロ生活を特別フォトギャラリーで振り返る

米ツアー復帰戦に臨んだ宮里藍は残念ながら午後組でのスタート。この日は3バーディ・4ボギーの“72”でラウンド。1オーバー88位タイとやや出遅れてしまった。

宮里は風だけではなく、グリーン上でも苦戦。しばらく米国での戦いから離れていたため、「コースの感触がつかめていない」とタッチが合わず、パッティングが思い通りにいかなかった。それでも終盤は連続バーディで締めるなど、最後のほうでようやくいいプレーが。「なんとか明日につながったかなと思います」と笑顔をみせた。

この日は元世界ランク1位のリディア・コ(ニュージーランド)とインビー・パーク(韓国)とラウンド。藍同様に2人も思うようなゴルフはできていなかったようだが、「なかなかスコアを落とさないのはさすが」と賞賛。この豪華なペアリングは「すごく楽しかったです。みんなのんびりしている雰囲気が共通(笑)。すごくいい雰囲気で回れました」。米での復帰戦初日は、タフだったが楽しい1日になったようだった。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>