ここから本文です

(社説)中国ネット法―言論封じる異常な統制

6/24(土) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ネット空間はだれもが自由に情報をやりとりする場だ。規制は最小限でなくてはならない。
 しかし中国政府は、そう考えていないようだ。今月、「インターネット安全法」が施行された。すでに厳しいネット管理・統制をさらに強める法律だ。
 実質的に言論の自由を否定する内容であり、中国で活動する外国企業にも大きな影響を与えるおそれがある。
 習近平(シーチンピン)政権は「ネット主権」を主張する。ネットにおいても国家の安全・秩序維持を最優先させる考え方だ。
 今回の法律は利用者の実名登録を徹底させ、ネットを通じた「政権転覆」や「国の分裂」の扇動を禁じる規定を掲げる。……本文:1,844文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社