ここから本文です

トランプ氏、モラー特別検察官解任する意図ない=ホワイトハウス

6/24(土) 6:38配信

ロイター

[ワシントン 23日 ロイター] - 米ホワイトハウスは23日、トランプ大統領はロシアとの癒着疑惑を捜査しているモラー特別検察官を解任する意向はないと明らかにした。

これに先立ち、トランプ大統領はモラー氏の公平性について懐疑的な見方を示していた。

ホワイトハウスのスパイサー報道官は報道陣へのブリーフィングで、トランプ大統領はモラー氏を解任する「権限を維持している」ものの、「大統領がこれを行使する意図はない」と述べた。

トランプ大統領はフォックス・ニュースのテレビインタビューで、モラー氏と自身が解任したコミー前連邦捜査局(FBI)長官は親しい間柄だと指摘。「彼(モラー氏)はコミー氏と極めて親しく、これは困ったことだ」と述べた。

ホワイトハウス当局者は、コミー氏解任の理由は、同氏のFBIでの行動を巡る懸念が原因と説明しているが、トランプ大統領はインタビューで、解任するに当たり、ロシア関連の捜査が懸念材料の1つだったと語った。

その上で「結託や司法妨害は全くない。あるのはコミー氏の情報リークだ」と強調し、疑惑を否定した。「モラー氏は尊敬に値する人物であり、立派な解決策を導くことを望む」とした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:7/17(月) 7:20
ロイター