ここから本文です

国産ブドウ、苗木足りない 日本ワイン好調、各社増産へ

6/24(土) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 国内産ブドウだけでつくられる「日本ワイン」に酒造メーカーが力を入れている。訪日外国人の増加で海外での評価が高まり、2020年東京五輪を機に、さらにブームになると期待されている。ただ生産増とともに、ワイン用ブドウの苗木不足が目立ってきた。

 アサヒビールは今月、日本ワイン増産のため、北海道余市町に4ヘクタールの農地を確保したと発表した。赤ワイン用の品種「ピノ・ノワール」など約7千本を植え、23年に収穫したブドウがワインになる予定だ。25年までに、全国で日本ワイン向けのブドウ畑を現在の10倍の10ヘクタール以上に広げる。……本文:2,245文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社