ここから本文です

サニブラウン全体1位で世界切符急浮上 日本歴代6位10秒06「ビックリした」

6/24(土) 6:03配信

デイリースポーツ

 「陸上・日本選手権」(23日、ヤンマースタジアム長居)

 男子100メートルの予選、準決勝が行われ、15年世界ユース2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=がともに日本歴代6位となる10秒06をマークし、全体1位で24日の決勝進出を決めた。世界選手権の参加標準記録(10秒12)も突破し、一気に代表争いに名乗りを上げた。すでに参加標準記録を突破している多田修平(20)=関学大=とケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=が全体2位、桐生祥秀(21)=東洋大=は同4位、山県亮太(25)=セイコーホールディングス=は同6位で決勝に進出。5人で3枠の世界切符を争う大一番に、日本人初の9秒台の期待がかかる。

 桐生、山県、ケンブリッジ、多田-。4強という前評判に、覚醒した“怪物”が待ったをかけた。

 予選でいきなり衝撃が走った。3組目で登場したサニブラウンは、大きなストライドでグイグイ加速すると、他を大きく引き離してゴール。最初に表示されたタイムは10秒03。その後、10秒06に訂正されたが、今年4月に出した自己ベストを0秒12縮める日本歴代6位のタイムだった。

 準決勝でも多田との一騎打ちを制して、再び10秒06。予選、準決勝とも全体1位での通過で、一気に世界選手権代表争いの本命候補に躍り出た18歳は「ビックリした」と、あっけらかんと笑った。

 規格外の道を歩んでいる。15年に世界ユースで日本人初の短距離2冠。200メートルではあの“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)の大会記録を塗り替えた。城西高卒業後は米国の名門フロリダ大に進学を決め、秋の入学までオランダを拠点に、南アフリカ、米国で武者修行を積んだ。「そこでやってきたことを生かせている。序盤がよくなったし、終盤もブレることなく、いいフォームで走ることができている」。異国で得たものを全て血肉とし、加速度的に成長を遂げた。

 初出場が期待された昨年のリオ五輪は、日本選手権直前に左太もも痛めて出場を断念。届かなかった夢舞台は高校の合宿中の長野で、テレビ画面越しに見た。400メートルリレーの銀メダルの快挙は「すごいなと思った」。挫折を糧として、再び陸上界の主役争いに戻ってきた。「9秒台は出る時は出るんじゃないかな」。あっさり“10秒00の壁”を、ぶちこわしても不思議ではない。