ここから本文です

島田市、副市長2人制に 財務省出身者を起用へ

6/24(土) 7:54配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 島田市は23日までに、副市長ポストを2人制に変更し、財務省主計局出身の内閣府参事官の男性(57)と、市理事の牛尾伸吾氏(61)を充てる人事案を固めた。2人制とする条例改正案を提出した上で、7月11日の市議会6月定例会最終日に追加提出する。市議会が同意すれば、ともに同12日付で就任する。関係者への取材で分かった。

 同市の副市長ポストは昨年度末に県職員が帰任して以降、空席となっていた。副市長の2人制は同市では初めて。市はさまざな政策に精通し、国とのパイプ役も担える候補者を探していた。

 生え抜きの牛尾氏はスポーツ・経済部長、市長戦略部長などを歴任し、2016年3月に定年退職。同4月、新設された理事(部長級)のポストに就いた。

静岡新聞社