ここから本文です

貫地谷しほり、ディーン・フジオカとのキスシーンは「溺れそうでした」

6/24(土) 14:20配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ディーン・フジオカが結婚詐欺師役で主演した映画「結婚」が6月24日、全国35館で公開された。フジオカをはじめ共演の柊子、萬田久子、貫地谷しほり、メガホンをとった西谷真一監督が東京・角川シネマ新宿での舞台挨拶に出席した。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 原作は、直木賞作家・井上荒野氏の同名小説。初音(貫地谷)という妻がいながら、結婚詐欺を続ける古海健児(フジオカ)と、ターゲットになった女たちの姿を通して、騙した男と騙された女たちの孤独と欲望を映し出す。

 初音役の貫地谷は、フジオカ扮する古海とのキスシーンを振り返り「ちょっと言いたい! 私、西谷監督と3度目なんですけど、毎回キスシーンがあって。前回やったキスシーンも、当日にいきなり『ここでキスしてくれない』と言われて。今回もねえ、ディーンさん? 当日、直前ですよね」と西谷監督に突然のクレーム。客席から「羨ましい!」という声があがり、貫地谷が「でも、あのシーンは雨に打たれているのに、ディーンさんは背が高いから(上を向かなければならないため)私の口にえらい水が入ってくるんですよ。溺れそうでしたね(笑)」と“ムードゼロ”のラブシーンだったことを暴露すると、フジオカも「結構ハードな(雨の)降り方でしたよね」と同調していた。

 主人公・古海は、ルックス、色気、知性を武器に多くの女性の心を奪ってきた男。「大人の色気とは何か?」という話題があがると、キャスト陣が頭を抱えるなか、西谷監督は「僕がイメージしていたのは、果物が腐る直前というか一番おいしい時。そう感じますね。今回のディーンさんや柊子ちゃん……柊子ちゃんにはまだ感じないかもしれないけど」と口を滑らせ、しどろもどろに。柊子が「腐りかけ!?」と苦笑いを浮かべると、「そういう意味じゃない」と慌てて訂正。フジオカもこれに乗っかり「腐りかけです!」と宣言すると、客席から笑いが沸き起こっていた。

 また、「古海とフジオカに共通する部分。逆にギャップを感じる部分」を問われたフジオカは、「ギャップは、犯罪者か犯罪者じゃないかです(笑)。共通点は、芝居というか。あらゆることをして、自分でない誰かに成り切るように自分を説得するというか」と回答。さらに萬田が、「ディーンはどういう風に結婚詐欺師を演じるのかなと思っていたのですが、ギャップがないくらい結婚詐欺師に成り切っていたというか。そのまま、すごく自然に」と指摘すると、フジオカは「(自然に)詐欺していました?(笑)」と思わず反応。これに対し、萬田は「していましたよね。そういう意味では上手に詐欺師できるかもよ」「(詐欺師の)見込みありかもよ(笑)」と太鼓判を押していた。

最終更新:6/24(土) 14:20
映画.com