ここから本文です

【西武】菊池、ソフトバンクに16戦0勝11敗「反省しないと」

6/24(土) 6:03配信

スポーツ報知

◆ソフトバンク10―0西武(23日・福岡ヤフオクドーム)

 悔しさを押し殺すように、菊池は大きく息を吐きながらマウンドを降りた。3回1死二塁から川島の右前適時打で7点目を失い、交代を告げられた。2回1/3を投げ7安打7失点でKO。「ブルペンは今シーズン一番良かった。なんででしょう」。これで鷹軍団相手に16戦0勝11敗。またも天敵の前に屈した。

 今季の3敗はいずれもソフトバンク戦。その全てで先取点を許している。この日も初回に松田の左前適時打で先制され、2回には柳田の左中間16号3ランなどで試合を決められた。

 2回1/3でのKOは、11年6月12日の阪神とのデビュー戦(西武D)と並ぶ自身2番目の早さ。辻監督も「どうしたんだろうな」と首をかしげた。「相手がソフトバンクじゃなければ、こういう日もあると割り切れるけど、同じ相手にやられている。反省するところは反省しないと」と菊池。エースとしての課題が残った。(小島 和之)

最終更新:6/24(土) 8:14
スポーツ報知