ここから本文です

『青少年アシベ』って本気か! 少年アシベ新作が『月刊アクション』で連載へ、作画は森下裕美指名のBL作家

6/24(土) 13:20配信

ねとらぼ

 ゴマフアザラシのゴマちゃんとアシベやスガオたちの日常を描いた森下裕美さんの漫画『少年アシベ』の新作『青少年アシベ』が、7月25日発売の『月刊アクション』9月号から連載されます。タイトルの通り、アシベやスガオは成長して高校1年生に。同作で森下さんは原作を担当、作画は森下さんが指名したボーイズラブ(BL)作家の笑平さんが担当します。

【画像:ほぼ1/1ゴマちゃんぬいぐるみ】

 『少年アシベ』は、1988年から1994年まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載。キューキューと鳴く真っ白なゴマフアザラシのゴマちゃんのキュートさは話題を呼び、1990年代にはテレビアニメ「少年アシベ」「少年アシベ2」が放送されるなど人気を博しました。その後、「少年アシベ」時は小学1年生だったアシベたちが小学2年生に進級した続編『COMAGOMA』も2000年代に連載され、現在はNHK Eテレで「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」が放送されるなど、長く親しまれる作品となっています。

 6月25日に発売された『月刊アクション』8月号には予告カットが掲載。「青少年」「指名」「BL作家」などのパワーワードでネット上がざわつく中、小池一夫さんもTwitterで「楽しみ過ぎる!!!」とツイート。森下さんが『大阪ハムレット』『夜、海へ還るバス』などの長編でLGBTを題材にしていることを挙げながら、「フ女子の皆さンがザワつくのは仕方ないかも」と期待を寄せています。ゴマちゃんはどうなっているんだ……。

最終更新:6/24(土) 13:33
ねとらぼ