ここから本文です

武豊騎手が前人未到のJRA3900勝を達成

6/24(土) 11:43配信

スポーツ報知

 武豊騎手(48)=栗東・フリー=は6月24日、阪神競馬3レースの3歳未勝利(ダート1400メートル)でメイショウヴォルガ(栗東・本田優厩舎)に騎乗して勝ち、史上初となるJRA通算3900勝を達成した。

 1987年3月のデビュー以来、2万546戦目での達成に、「ひとつひとつ積み重ねてきた数字ですが、大変重みがあるし、ありがたみを感じる数字。これからの方がもっと大事だし、騎乗技術をもっと磨いていきたい」と、自身の記録を次々と塗り替えていく競馬界の第一人者は笑顔を見せた。

 今後の目標について聞かれると、「(JRA)4000勝は当然として、その前に明日(6月25日)の宝塚記念を勝ちたいですね」とキタサンブラックに騎乗する上半期ラストの大一番での好走を詰めかけたファンに約束した。

 同騎手は今年、すでに昨年と同じJRA重賞6勝を挙げ、デビュー以来、31年連続制覇を決めている。また、G1競走73勝、重賞316勝は2位以下を大きく引き離す前人未到の数字。昨年の9月18日にJRA所属馬による地方、海外を合わせた「通算4000勝」を達成しており、今度はJRAでの大きな節目の勝利へ向け、引き続き無人の荒野を突っ走っていく。

最終更新:6/24(土) 12:16
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ