ここから本文です

広島が二回、同点に追いつく 西川、会沢が連続適時打

6/24(土) 15:07配信

デイリースポーツ

 「広島-阪神」(24日、マツダスタジアム)

 広島が同点に追いついた。2点を追う二回、先頭鈴木が左前打で出塁。その後2死三塁となり、西川が左中間適時二塁打を放った。

 「打ったのはストレート。コースに逆らわず、自分のポイントで打てました。気持ちで打ちました」

 さらに、会沢の飛球を右翼糸井がグラブに当てながらまさかの落球(記録は二塁打)。「逆方向にうまく合わせることができた」と会沢。この回から雨脚が強まっており、天も味方に付けた形だ。

スポーツナビ 野球情報