ここから本文です

阪神 降雨ノーゲームも打線に光明

6/24(土) 18:40配信

デイリースポーツ

 「広島-阪神」(24日、マツダスタジアム)

 阪神には恵みの雨となった。試合は四回裏に降雨ノーゲーム。2点を勝ち越された直後に決定した。

 先発・能見が広島打線につかまり2点を勝ち越され、なおも続いた2死一、二塁のピンチで約1時間の中断に。その後、審判団がグラウンドに出てノーゲームを告げた。

 劣勢な展開となっていたが、打線に光明も見えた。二回には6番・鳥谷から7番・糸原、8番・梅野の3連打で2点の先制に成功。下位打線で相手先発・藪田から得点を挙げた。さらに1点ビハインドで迎えた四回は中谷、鳥谷の連打から糸原の四球で無死満塁の好機を演出。ここから梅野が右翼への同点犠飛を放ち、試合を振り出しに戻していた。

 “幻”となったものの、二回に適時二塁打を放った糸原は「いい形で打てているので、しっかりまた明日頑張ります」と手応え。25日の首位・広島との戦いを見据えていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 16:25