ここから本文です

末続慎吾、9年ぶり日本選手権に予選落ちも大歓声「ベストの走りできた」

6/24(土) 18:46配信

デイリースポーツ

 「陸上・日本選手権」(24日、ヤンマースタジアム長居)

 世界選手権の選考会を兼ねて行われ、9年ぶりに男子200メートルの日本記録保持者、末続慎吾(37)=SEISA=が出場。200メートル予選に挑み、21秒50の8位で予選落ち。しかし、コーナー付近まで18歳のサニブラウン・ハキームらとトップ争いを繰り広げ「今出せるベストの走りができた」と笑顔でレースを振り返った。

 2003年に20秒03の日本記録を樹立。同年の世界選手権(パリ)で3位に入り、08年北京五輪の400メートルリレーでは2走として銅メダル(今年銀に繰り上げ)を獲得。短距離界のエースとして君臨した。

 しかし「08年ごろから走ることに対して何も感じなくなった。心が冷えていた」と長期休養。12年ロンドン五輪も代表落ちし、所属していたミズノも15年に退社した。地元熊本と東京を拠点に競技を続け、今回は5月に米国の競技会で日本選手権の参加標準記録を突破。9年ぶりにもぎ取った、日本選手権の出場権だった。

 レース前、大型スクリーンに映る自身の姿に観客から拍手と大声援が起こると、拝むようなポーズで感謝した。「僕のことを知らない人もたくさんいたと思うけど、僕の歩みを感じてくれたのかな。幸せでした」

 「マッハ」と呼ばれた加速は健在で、この日もレース序盤を盛りあげた。「負けたけど楽しかった。最後にバーッといかれて(抜かれて)、それでも必死で走って僕らしかったかな」。進退については「しばらく今日の一日に浸りたい」と言うにとどまったが、「走ることは魂。走ることが大好き」と改めて確認したようだった。