ここから本文です

巨人、陽岱鋼の痛恨プレーで先制点献上 先制された試合は20連敗中

6/24(土) 18:57配信

デイリースポーツ

 「巨人-中日」(24日、東京ドーム)

 巨人・陽岱鋼が痛恨プレーで先制点を献上した。三回、2死一塁。京田の放った中前へのハーフライナーに前進。ダイレクトキャッチを試みたが、わずかに届かなかった。

 ボールは差し出したグラブの下をすり抜けるように、フェンス際まで転々。記録は失策こそつかずに三塁打となったが、一走・松井雅の本塁生還を許してしまった。チームは先制点を与えた試合は20連敗中。重いため息が、本拠地を包み込んだ。

 さらに四回、無死一塁でもゲレーロの中前打をはじく失策を犯した。一走の三塁への進塁を許し、無死一、三塁とピンチが拡大。2点目につながるミスとなった。