ここから本文です

ヘーレンフェーン小林祐希「メッシ、Cロナと遜色なく戦えるレベルに!」

6/24(土) 19:07配信

スポーツ報知

 オランダ1部ヘーレンフェーンのMF小林祐希(25)が24日、東京都内で自身のメンタルトレーナーを務める本田ゆみ氏の著書出版記念イベントにゲスト参加した。

 小林は本田氏と出会ったばかりの頃はストレス耐性の数値が75だったというが、トレーニングをへて、昨年12月の時点では100を超えたという。ストレス耐性の数値が100を超えるのは「100人中1人いればいいかな」と本田氏。本田氏が唱えるのは、脳医科学に基づく脳の個性・特性を数値化した「脳スタイルテスト」により、各人の脳スタイルを判定し、それに応じた適切な瞑想トレーニングを行うことで、脳の機能を活性化し、個人能力向上やストレス耐性を引き上げる画期的な能力開発手法で「ブレインストレッチ」と呼ばれるもので、小林は現在も毎日行っている。

 小林は日本代表で昨年11月11日の親善試合、オマーン戦(カシマ)で、代表初ゴール。前日の10日夜に本田氏とIP電話の「スカイプ」で話し、本田氏から「点をとれる感じがする。ロスタイムに1点取って試合終わりますよ」と“予言”され、実際にロスタイムにゴール。その翌日から真剣に「ブレインストレッチ」に取り組んだという。その影響もあって、オランダでの新たな挑戦も30試合にスタメン出場と、安定して成績を残せている。

 イベントでは、参加者から「今見ている目標は?」と聞かれ、「世界的なプレーヤーのメッシ、クリスチアーノ・ロナウドと遜色なく戦えるレベルにいること。欧州チャンピオンズリーグ決勝にいくのが当たり前っていう状況になりたい。人生(の目標)としては世界征服。そんなところですね」と答え、さらなるステップアップを誓った。

最終更新:6/24(土) 19:31
スポーツ報知