ここから本文です

中野たむ棺桶で壮絶爆死!ブス対カワイイは“ブス”モンゴル勝利も一騎打ちで再戦へ

6/25(日) 0:02配信

デイリースポーツ

 「プロレス・大仁田興行」(24日、新木場1stRING)

 “ブス対カワイイ”はブスが勝った。大仁田厚と元アイドルの中野たむの合同自主興行で、「世界一長い名前の試合」という「がんばるブスVSがんばるカワイイ子のプライドをかけた戦いin新木場ストリートファイト・エニウェアバンクハウスBig有刺鉄線ブラジャー争奪棺桶電流爆破デスマッチ」が行われ、ミス・モンゴル、雷神矢口、保坂秀樹、NOSAWA論外組が中野たむ、大仁田厚、橋本友彦、パンディータ組を下した。

 大仁田がカワイイという理由でデビュー1年未満の中野を超戦闘プロレスFMWに参戦させたことに、モンゴルが猛反発して勃発した抗争の決着戦。当初は中野と大仁田は同組の予定だったが、モンゴルのゴリ押しにより、試合前のクジ引きで組み分けを決めることに変更となったが、中野は無事に大仁田と同組となった。

 だが、試合はパワーに勝るモンゴル組が開始から圧倒し、中野を有刺鉄線バットやイスで殴打するなど容赦ない攻めを展開する。だが、大仁田がモンゴルに毒霧を噴射して形勢逆転。戦いは会場の外に広がり、中野がモンゴルに電流爆破バットを被弾させて大ダメージを与える。

 しかし、それも長くは続かず、戦いがリングに戻ると、論外と保坂がダブル脳天砕きで大仁田を有刺鉄線ボードにたたきつけて流れを引き寄せ、モンゴルが有刺鉄線ブラジャーを装着して中野に体当たり。さらに中野に猛攻を加えて棺桶の中に押し込むと、耳をつんざくような大爆音とともに棺桶から巨大な火柱が立ち、中野はノックアウトされた。

 試合後は、大仁田から「悔しいと思うなら立ち上がれ!」と張り手でカツを入れられた中野。その言葉通りに、「負けて悔しい。もう一度、1対1でやりたい。(モンゴルと)1対1でやったことがないので」と、くじけることなく再戦を訴えた。

 これをモンゴルは「まだライバルとは見れないけど、芯はあると思う。決着と言えば決着かも知れないし、彼女が望むのであれば、挑戦を受けるスタンス」と話したものの、中野の希望を伝え聞くと、「大仁田さんの判断に従いたい気持ち」と話した。

 すると、大仁田はモンゴルに「もう一回付き合ってやれ。シングルマッチでランバージャッ。FMWの恐ろしさを見せてやれ」と指令。両者は7月15日のFMW新木場大会で、ランバージャックデスマッチの一騎打ちを行うことが決定した。