ここから本文です

【MLB】マーリンズが完封リレーでカブス撃破、J.ウレーニャの好投光る

6/24(土) 14:28配信

ISM

 マイアミ・マーリンズは現地23日、地元でシカゴ・カブスと対戦。打線はわずか3安打に抑えられたものの、主砲ジャンカルロ・スタントン外野手の19号ソロなどで奪った得点を先発ホセ・ウレーニャ投手ら投手陣が守り抜き、2対0の完封勝利を収めた。

 マーリンズは3回にスタントンのソロアーチで先制。6回には先頭のディー・ゴードン二塁手がショート後方へ落ちるヒットで出塁すると盗塁と捕手の悪送球で三塁へ進み、クリスチャン・イエリチ外野手の犠飛で効率よく追加点を奪う。

 投げては先発ウレーニャが6回を5安打、3四球ながら要所を締めて無失点。7回以降はリリーフ陣が1イニングずつ無失点でつないで逃げ切った。25歳のウレーニャは5月下旬から5連勝で今季6勝目(2敗)を挙げている。

 カブスの主砲クリス・ブライアント三塁手は「ウレーニャは100マイル(約160キロ)の沈むボールを投げ込んできた」とコメント。カブスのジョー・マッドン監督は「ウレーニャは前回より多めに変化球を投げてきた。それにやられた」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:6/24(土) 14:28
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 22:45