ここから本文です

ソロ30周年の桑田佳祐、6年半ぶり新アルバム&15年ぶり5大ドームツアー

6/25(日) 5:01配信

スポーツ報知

 ソロ活動30周年を迎えたサザンオールスターズの桑田佳祐(61)が、8月23日に6年半ぶりの新アルバム「がらくた」を発売することが24日、発表された。

【写真】「がらくた」のジャケット写真

 10月17日の新潟・朱鷺(とき)メッセ新潟コンベンションセンターからは、過去最大規模となる40万人以上を動員する全国アリーナ&5大ドームツアー(大みそかの横浜アリーナまで全18公演)の開催も決定。ファンとともにアニバーサリーイヤーを盛り上げていく。

 「MUSICMAN」(11年)以来となる今作には「ヨシ子さん」「君への手紙」を始め、全15曲を収録予定。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜・前8時)の主題歌「若い広場」、JTBのCM曲「オアシスと果樹園」など8曲が初めてCD化される。昨年1月からレコーディングを始め、マスタリング作業を残すだけ。完成に向けて、大詰めの段階を迎えているという。

 インパクトのあるアルバムタイトルについて、桑田は「『がらくた』は、ありとあらゆる要素が無作為に交錯する現代社会の見立てであり、そんな無意味に積み上げられた『がらくた』の中にこそ、物事の本質や素晴らしさが宿っている」と説明。自信作と呼べそうだ。

食道がん克服8年越し雪辱 5大ドームツアーは02年以来15年ぶり。ソロ歌手では小田和正(11年)を始め、安室奈美恵(12年)、福山雅治(14年)、ATSUSHI(16年)らが成功させているが、2度目の5大ドーム公演に挑むのは桑田が初めて。当初は10年10月から予定したが、初期の食道がんを患い、その療養のため、中止を余儀なくされた。それだけに、8年越しの“リベンジ”に向けて意欲を燃やす。

 来年の6月25日はサザンとして40周年。この1年間、エンターテイナー・桑田から目が離せそうにない。

最終更新:6/25(日) 7:54
スポーツ報知