ここから本文です

ネイマールと女優ブルーナ・マルケジーニ、3度目の破局

6/24(土) 9:20配信

MEGABRASIL

6月12日の“恋人の日”にはラブラブだったはずが...

バルセロナFC所属のネイマールと、ブラジル人女優のブルーナ・マルケジーニが破局した。

22日(木)夜、サンパウロで行われたネイマールのサッカースクール「インスチトゥート・ネイマールジュニア」の慈善イベントにて、ネイマール自身が破局について答えた。現地メディア「ヴェージャ」、「UOL」などが報じている。

このビッグカップルの破局は、3度目になるという。

このブラジル大物カップルは、2013年に初めてデートをスクープされ、2014年2月に破局が報じられた。その直後、二人は交際を再開したが、8月に再び破局した。

そして2016年、リオデジャネイロオリンピックの時期に再びカップルの姿が目撃され、それ以来交際が続いていた。

つい先週も、ブラジルの“恋人の日(ヂア・ドス・ナモラードス)”には、お互いのラブラブモードをインスタグラムに公開し、話題になったばかりだった。

ブルーナは、彼とのキス動画のキャプションにこう書いている。

「私たちのような全ての恋人たちに、ハッピー・ヂア・ドス・ナモラードス! とても愛しているわ。今日もこれからも」

一方、ネイマールは彼女とのツーショット写真に、英語でこのような言葉を添えた。

「決して終わることのない愛」

ところが22日の会見で記者が交際について尋ねたところ、ネイマールはまず始めに記者団にこう言い放った。

「僕が個人的な事について話すのは、これが最後です。こういったことは好きではないし、短い話ではないから」

そして、こう続けた。

「はい、僕たちは当事者間の決定によって別れることにしました。尊敬する女性ですし、彼女の幸せをひとりの人間として心から応援します。彼女の先の人生に多くの幸福があることを願っています。彼女は僕の一部です。僕たちは良い終わり方をしたし、今でも友人ですし、彼女のことを応援しています。このことを彼女もよく分かっています」

記者団のいるエリアから、SPによって護衛されながら立ち去る前、はっきりと破局について答えたネイマール。

しかし、破局によって、両者ともSNSからツーショット写真を削除することはしていない模様だ。

(文/柳田あや)

最終更新:6/24(土) 9:20
MEGABRASIL