ここから本文です

【バドSS】山口茜が世界ランク1位を撃破! 奥原希望とともに決勝進出!<オーストラリアOP>

6/24(土) 21:15配信

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

6月24日に開催されたバドミントンのスーパーシリーズ第6戦オーストラリアOP(シドニー・SS)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。

日本は3種目で決勝進出を果たした。女子シングルスは今年の全英OP、マレーシアOP、シンガポールOPのSS3優勝を飾っているタイ・ツーイン(台湾)と、世界ランクで日本最上位の山口茜(再春館製薬所)が対戦。第1ゲームは、19-19の接戦から先に抜け出した山口が先制。第2ゲームは、山口が6-6から一気に点差を広げてリードを保つと、そのままタイ・ツーインを振り切って21-12。2-0のストレートで勝利をつかんだ山口が、昨年10月のデンマークOP以来となるSS決勝進出を決めている。

もう一方のヤマから準決勝に勝ち上がっていた奥原希望(日本ユニシス)も、中国の長身選手・スン・ユと激突。第1ゲームを奪った奥原は、第2ゲームを18-21で失ったものの、第3ゲームはスコアを先行させながらゲームを進める。すると、最後は15-13から5連続得点で孫瑜を引き離して勝利! 昨年3月の全英OP優勝以来となる決勝進出を果たした。これにより女子シングルスの決勝戦は、山口と奥原の日本人選手同士の対決が決まった。

女子シングルスと同じく、2組が準決勝に勝ち残った女子ダブルス。前日の準々決勝で韓国の強豪ペアを下している福島由紀/廣田彩花(再春館製薬所)は、デンマークのリターユール/ペデルセンと対戦した。第1ゲームを16-21で失った日本ペアだが、続く第2ゲームは22-20で奪い返す。ファイナルゲームも互いにポイントを取り合ったが、終盤の15-15から抜け出したデンマークペアが最後の21点をつかみ、福島/廣田は惜敗。2度目のSS決勝進出はならなかった。

準決勝に勝ち進んだもう一組が世界ランク1位の高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)。その対戦相手は、5月のスディルマンカップ・準決勝で苦杯を喫したチェン/ジャ(中国)ペアだった。試合は第1ゲーム21-17で高橋/松友が先制をつかむと、第2ゲームも7連続得点で先行した日本ペアが勝利。ライバル相手にしっかりリベンジを果たし、決勝進出を決めた。

男子ダブルスでは、園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)が台湾ペアに21-15、21-15とストレートで快勝し、SSでは昨年12月の香港OP以来となる決勝進出を決めている。園田/嘉村の2人は、決勝戦で経験豊富なタン・ブンヒョン/セティアワン(マレーシア/インドネシア)ペアと対戦する。

そのほか、男子シングルスはチェン・ロン(中国)が、韓国のベテラン・イ・ヒュンイルに勝利し、決勝へ。インドのスリカンス・キダムビと優勝を争う。混合ダブルスはインドネシアのジョルダン/スサントと、世界ランク1位のチェン/チェンとの勝負となった。

バドミントン・マガジン編集部