ここから本文です

主人公デズモンド・ドスが胸に秘めた信念を語る 『ハクソー・リッジ』本編映像

6/24(土) 10:00配信

ぴあ映画生活

第89回アカデミー賞で6部門にノミネートされ、2部門を受賞した映画『ハクソー・リッジ』より、主人公デズモンド・ドスが、胸に秘めた信念を語る本編映像が公開された。主演を務めたアンドリュー・ガーフィールドは、ドスについて「どんな状況に置かれても、決して自分を曲げない」人だと語っている。

『ハクソー・リッジ』本編映像

ドスの視点の先では、上官のグローヴァー大尉(サム・ワーシントン)とハウエル軍曹(ヴィンス・ヴォーン)の姿が。彼らは「戦争は人を殺すもの」と口にしていたが、ドスの言葉に耳を傾けている。そして、決して武器を持たないと誓ったドスは、「皆は殺すが、僕は助けたい。人と人とが殺し合う中で、ひとりぐらい助ける者がいてもいい」と、目に涙を浮かべながら訴えかけた。

この後、軍事裁判は思わぬ人物の登場により、ドスの主張が認められる。1945年5月、ドスはグローヴァー大尉に率いられた第77師団の一員として難攻不落の激戦地ハクソー・リッジに到着。だが、ドスの前にはさらに過酷な戦いが待ち受けているのだった……。

『ハクソー・リッジ』
TOHOシネマズ スカラ座ほか、公開中

最終更新:6/24(土) 10:00
ぴあ映画生活